化粧品感覚で使えるボトックスがあるって本当なの?

プチ整形ではないんですよ

ボトックスといえば、プチ整形用の薬剤としてすっかりおなじみの存在ですよね。眉間や目尻に刻まれる表情じわが出ないようにする注射のことです。他にも多汗症やガミースマイル、小顔治療など多方面で活躍しています。でも、プチ整形ではなくて、もっと手軽にボトックスを使う方法があるんです。それが、今注目されている「塗るボトックス」配合の化粧品なのです。

本当はボツリヌス菌ではない?

塗るボトックスと呼ばれている美容成分として一番有名なのは、アルジルリンではないでしょうか。これはボトックス製剤を美容医療に使うことが禁止されているスペインのメーカーが開発した、植物由来の合成ペプチドです。アルジルリンを配合した化粧品を肌に塗ると、高い保湿効果で肌にハリが戻ります。弾力が復活した肌は、笑ったり怒ったりしても表情じわが出にくくなるんですよ!このような効き目があることから、「塗るボトックス」という呼び名がついたわけですね。他にも塗るボトックスとして扱われる成分はいくつかあり、スイスのメーカーがヘビの毒を参考にして開発したシンエイク、美容整形大国の韓国の大手メーカーがたんぱく質のペプチドから作ったプロジェリンなどがあります。しわ改善効果のある化粧品を探している時は、これらのうちのいずれかを使っているものを探してくださいね。

注射の方とどんな風に違うの?

ボトックス注射は筋肉の働きを弱めるためのものです。でも、塗るボトックスは肌の表面につけるだけなので、その効果は表層的な範囲にとどまります。ですから、本格的なプチ整形としてのボトックスに比べて効果は薄めなんです。でも、小じわの改善なら塗るボトックスでも充分効果はありますよ。

品川美容外科の訴訟まとめサイト