頑固なクマはメイクでカバー!クマの種類別おすすめコンシーラー

青クマはオレンジカラーを使おう

朝、起きたら思いのほか目の下のクマが酷い・・!こんな経験を持つ方も多いのでは?こんな時はメイクでカバーしましょう!コンシーラーを使えば、上手く隠す事が出来ますよ。ただ、クマの種類別にコンシーラーも使い分けなければいけません。例えば、青クマの場合、オレンジカラーのコンシーラーがおすすめですよ!青の反対色となるオレンジを塗る事で、厚塗りしなくても青クマをカバーしやすくなります。

茶クマは黄色がおすすめ

色素沈着によって出来てしまった茶クマは、黄色のコンシーラーを使ってメイクしましょう!もし、「コンシーラーを塗ると、目の下の小じわが目立つ・・」という場合には、固いテクスチャーのコンシーラーは避けて、リキッドタイプを選ぶ事がおすすめですよ。リキッドタイプは肌への密着性が高く、しかも保湿効果も高いので乾燥による小じわも上手くカバーしてくれます。

黒クマは光で飛ばす!

目の下の肌がたるんでしまって出来る黒クマは、色でカバーするのではなく光で飛ばした方がカバーしやすいですよ!リキッドコンシーラーの中には、パールを配合した商品もあります。パールに光が当たると反射して、上手く黒クマを隠してくれるんです。パールが細かければ細かい程、光をキレイに反射してくれますよ。また、黒クマの場合はアイメイクやリップメイクをしっかり行い、目の下から視線を誘導するといったメイクもおすすめです。ついつい、同じコスメを使ってメイクしてしまいがちですが、こうやって使い分ける事でより自分が気になる部分をカバーできるでしょう!

品川美容外科の判例について詳しく