正しいシャンプーを!ヘアケアのための髪の洗い方について

なぜヘアケアが必要になるのか

年を重ねるとホルモンバランスが乱れてしまい、髪にボリュームがなくなってしまうことがあります。また、血流が悪くなることで栄養が髪に行き渡らないことも髪のトラブルの原因です。これは睡眠不足やストレスなどが原因で、紫外線など外的な刺激でもダメージを受けます。若いからといってヘアケアを怠り後悔する前に、しっかり対策しましょう。

ヘアケアで重要なシャンプーの仕方

薄毛に悩んでいる人はシャンプーの時間を見直してみましょう。洗髪が短すぎると頭皮をしっかり洗うことができず、コンディショナーやシャンプーがそのまま残り髪や頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。また、シャンプーの前にシャワーで髪を濡らすことも大事です。乾いたままの頭皮や髪にシャンプーをしてしまうと、落ちづらいだけでなくダメージの原因となります。ぬるま湯で髪を濡らして、髪の間に指を入れ素洗いしましょう。

頭皮にダメージを与えない髪の乾かし方

シャンプーをした後の乾かし方も、頭皮のために大切です。濡れた状態の髪は刺激を受けやすくなっているので、お風呂からあがったら放置せずに早めに乾かしましょう。自然乾燥ではなくドライヤーを使うのが大事です。タオルで水分をしっかりとってから、ドライヤーを使います。タオルで強くこすってしまうと頭皮にダメージを与えてしまうため、優しくふきましょう。ドライヤーを使った早く乾かすためには、根元から外側に向かって温風を当てることをおすすめします。根元が湿ったままだと細菌が増えて、かゆみの原因となるので根元を乾かすのは特に重要です。乾いた後は、頭皮をマッサージして血流の改善をするとより効果があります。

品川美容外科の告訴について調べる